かしゃま文化会館

保険カフェギャラリー

自転車保険

世田谷区の自転車事故保険、在勤・在学者も対象へ

投稿日:

自転車保険
世田谷区が、区民や在勤・在学者を対象とした「区民交通傷害保険」を始めました。
同様の保険は都内10区で取り扱っていますが、在学者まで対象とするのは世田谷区が初となります。

交通事故件数が都内最悪の世田谷区では改革が必要と判断。

世田谷区は自転車事故は多く、平成29年度は都内で最悪の847件もの自転車事故がありました。

世田谷区は都内で最も多い人口を抱えているため、それに伴い自転車事故の件数が多くなったのでしょう。また、世田谷区にキャンパスを持つ大学も多いため、区民以外でも区内で自転車を利用する人口も多いと思われます。更に、狭い道路も多いです。

様々な要素が重なって、自転車事故件数が都内で最悪という不名誉な結果につながったのかもしれません。
そのような状況の下、世田谷区は区民交通傷害保険の対象者を区民だけでなく、「区内への通勤・通学者」も加えました。対象者を広げることで、区内の自転車利用者に万が一に備えて欲しいということでしょう。

自転車保険加入の努力義務

東京都で、自転車利用者に対して条例により自転車保険加入の努力義務を定めています。ここでいう「自転車利用者」というのは都民に限ったものではなく、都内で自転車を利用する人全てを指し、その人たち全てに対して自転車保険加入を勧めているのです。

世田谷区は区民交通傷害の加入対象者を区内に通勤・通学者も対象を広げることで、区内の自転車利用者の大半が保険加入の対象となります。加入率がアップするといいですね。

ただ、区民交通傷害は個人プランのみなので、家族がいる方は人数分の加入が必要となります。家族みんなが自転車を利用しているご家庭も多いと思います。区民のみ対象でもいいので、ファミリープランがあるともっと加入しやすくなると思います。

自転車保険はお守り。まずはルールを守って安全運転!

最近、自転車保険の加入を積極的に推進する自治体が非常に多いです。
実際に自転車事故で高額な損害賠償を請求された事例もありますし、事故に備えて保険に加入することは当然です。

一方で、保険で備えることも大切ですが、まずは交通ルールを守って自転車事故の件数を減らすことが重要ではないかと思います。未だに自転車交通ルールを知らずに、右側通行やながらスマホの自転車を見かけます。

交通ルールを守って自転車を運転していても加害者になってしまうことはもちろんありますが、やはりルールを守ることで事故の減少につながると思います。正しい交通ルールを守りつつ、万が一に備えて保険に加入をして、安心して自転車に乗っていきたいですね。

世田谷区が自転車事故保険 都内最悪脱却目指す

(ニュースより)

 自転車事故件数が都内最多の世田谷区は、自転車事故を補償する「区民交通傷害保険」を始めた。
同様の保険は都内10区で導入されているが、区民、在勤者に加え在学者も対象にするのは世田谷区が初だという。

 区によると、都内最多の90万人超の人口があり、平成29年の交通事故件数2092件、自転車事故847件はいずれも都内最悪となっている。

-自転車保険

Copyright© 保険カフェギャラリー , 2018 AllRights Reserved.