かしゃま文化会館

保険カフェギャラリー

生命保険

インターネットで加入できる団体信用生命保険が誕生。第一生命が発売。

投稿日:

第一生命保険株式会社が、住宅ローン等の借入予定者が団体信用生命保険に申し込む新たな手続き方法として、インターネットを使用したサービスの取り扱いを開始します。
「ネットDe団信」のネーミングで、わかりやすい名前だと感じます。

住宅ローンを借り入れる場合には、通常、団体信用生命保険に契約します。
団体信用生命保険は、被保険者が死亡などの支払事由に該当した場合に、支払われる保険金をローン債務の弁済に充当される保険です。
金融機関にとってはローン債務が残ることがなく、被保険者家族にとってもローン返済が完了するため、被保険者にもしもの時があっても家を手放したりする必要がありません。
住宅ローンと団体信用生命保険は切っても切れない関係にあると言えると思います。

従来、団体信用生命保険の手続きは、金融機関などを経由して書面にて書類を提出してきました。
しかし、「ネットDe団信」によりインターネットを通じて直接保険会社と手続きができる上、診査の所要期間の大幅な短縮が期待できます。
契約者の利便性が良くなるだけではなく、保険会社にとっても通信費の節約、スムーズな手続きが期待できると考えます。

インターネット活用の注意点

インターネットの利点は、時間に関係なく手続きができることだと思います。
人に会って手続きが必要な場合は両者の都合が合わないと実現しません。

また、サイトにアクセスして直接手続きできるので、書面の受け渡し等が発生せず、査定の決定が早く確認できるのも大きなメリットです。
インターネットによる手続きは、色々な会社に利用されていますが、今後もますます増加していくことが予想されます。

(以下はプレスリリースより)

第一生命、団体信用生命保険インターネットサービス
「ネットDe団信」の取り扱いを開始

 第一生命保険株式会社(社長:稲垣 精二、以下「当社」)は、住宅ローン等の借入予定者が団体信用生命保険に申し込まれる際の新たな手続き方法として、インターネットを利用したサービス「ネットDe団信」の取り扱いを開始します。

 団体信用生命保険とは、金融機関等が契約者および保険金受取人、住宅ローン等の債務者を被保険者として、被保険者が支払事由に該当した場合に支払われる保険金を、ローン債務の弁済に充当する仕組みの保険です。

 従来は住宅ローン等の借入予定者は、金融機関等を経由して書面にて当社に団体信用生命保険のお手続き書類を提出いただいておりましたが、本サービスの利用により、インターネットを通じて当社と直接お手続きを行うことが可能となります。これにより、加入診査の所要期間が大幅に短縮され、お客さまの利便性向上が見込まれます。

1.インターネットサービス「ネットDe団信」の特長

 ・団体信用生命保険のお申込み手続きに必要な告知から申込みまでを、インターネットを通じて行うことができます。

 ・従来の書面でのお申込みの際に必要であった署名・捺印・郵送プロセスを省略できるようになるため、団体信用生命保険における加入診査の所要期間を短縮できます。

 (※)告知内容によっては、健康診断結果証明書等の書面でのお手続きが必要となる場合があります。

2.ご利用いただける対象

 本サービスは、当社が単独引受または事務幹事としてお引受している団体信用生命保険が対象となり、本サービスを採用いただいている金融機関等の住宅ローン等の借入予定者が、ご利用いただけます。

-生命保険

Copyright© 保険カフェギャラリー , 2017 AllRights Reserved.