かしゃま文化会館

保険カフェギャラリー

自動車保険

軽自動車の自動車保険料にも車種ごとの料率適用へ

投稿日:

2020年1月より、軽自動車の自動車保険料が3段階に分けられる見込みです。

普通自動車や小型自動車は、車種の事故率を元に保険料率を決定しているため、リスクの実態に見合った保険料となっておりましたが、軽自動車は車種に関わらず保険料率が一定でした
軽自動車は事故の多い車種であっても、そうではない車種と保険料率が変わらなかったので、リスクに即した保険料とは言いがたい状況でした。

リスクに見合った自動車保険料が適用される

現在の軽自動車の保険料率は、事故率の低い型式の軽自動車に乗る方にとっては不公平なものでした。2020年より軽自動車の保険料率が3段階になることで、従来に比べてリスクの実態に見合った保険料を実現されます。

自動ブレーキ等の安全運転支援システムが搭載された軽自動車も登場しており、事故率の軽減が期待でき、今後は、安全運転支援システム搭載車とそうでないものとで事故率の差は広がっていくことが予想されます。
加入者間の不公平をなくすという観点からも、保険料率の細分化は良いことですね。

保険料が上がる場合は、複数見積もりを取ったほうが良い

保険料の細分化はリスクに見合って良いものですが、保険料が上がる方にとっては喜ばしくないですね。保険料が上がる方は、複数の保険会社で見積もりすることをお勧めします。

毎年、同じ保険会社で同じ内容で自動車保険を更改している方は多いと思いますが、面倒でも複数の保険会社で見積もりを取ると、同じような契約内容で保険料が安くなる可能性もあります。
特に、ダイレクト自動車保険(インターネット等で加入する自動車保険)は保険料も安く、補償内容も代理店で加入するタイプと遜色ありません。事故対応も充実しています。

一度に複数の保険会社の見積もりを取れるサイトもあるので、ぜひ活用していただきたいです。もちろん、保険料が下がる方にも複数見積もりはオススメです。

「安いから軽自動車」の時代は終わり

維持費が安いから軽自動車を選ぶ方も多いでしょうが、2015年には車税が上がり、今回の保険料率の細分化により、事故率の高い型式の軽自動車は保険料が上がります。安全性の高い軽自動車は保険料は安くなりますが、車体価格が高額になります。
安いから軽自動車を選ぶ時代ではなくなるかもしれませんね。

以下はニュース記事からの抜粋です

損保各社、軽自動車保険料3段階に20年から 車種ごとの事故率に応じ

損害保険各社は軽自動車にかける自動車保険の保険料を2020年1月から見直す。

損保各社でつくる損害保険料率算出機構が正式に決めた。近く金融庁の認可を得る。
これまでは一律の基準で保険料を決めてきたが、車種ごとの事故率に応じて3段階に分ける。事故率の高い車種は保険料を約10%引き上げる見込みだ。

-自動車保険

Copyright© 保険カフェギャラリー , 2018 AllRights Reserved.