かしゃま文化会館

保険カフェギャラリー

損害保険

自然災害に負けない!必要なリスクに備えるために使いたい「THEすまいのハザードマップ」

投稿日:

損保ジャパン日本興亜が新しいサービスを開発したというニュースですが、みなさんはハザードマップというのはご存知でしたか。実は公的な機関からハザードマップというのが発表されています。

ハザードマップは、誰もが確認して欲しいものなのですが、意外に知られていないというのが現状です。
しかし、ハザードマップを使うことで保険料が節約出来る可能性もあります。ハザードマップを理解して、賢く活用していきましょう。

そもそもハザードマップとは?

ハザードマップとは、自然災害による被害を予測し、被害がどこまで広がるのかを地図上に記したものです。
ものによっては、避難場所や避難方向などが書かれた防災マップと一緒になっているものもあります。これらは、地震被害想定調査や防災アセスメント調査などを元に作られています。

ハザードマップは国土交通省や地方自治体から発表されていて、多くの自治体では自治体のHPにハザードマップを掲載しています。
ハザードマップと一言で言っても種類はいろいろあって、洪水を予測した洪水ハザードマップや地震、津波を予測したハザードマップもあります。

このハザードマップのおかげで、その地域に住む住民が浸水や津波の危険度、予測される範囲などを知り、防災対策や早期の避難ができるように作られました。
予測された状況とは異なる状況で災害が起これば状況は違ってきますし、ハザードマップの精度の問題や、逆に安心感を与えたことによって被害が拡大してしまうという問題もありますが、ハザードマップは私たちを自然災害から守る一つの指標の役割をしています。

現状のハザードマップと比較

今回発表されたTHE住まいのハザードマップと従来のハザードマップの大きな違いは、参考資料の多さと保険金、事故事例の有無だと思います。
まだ提供前なので実際にどのようなものかは確認できませんが、損保ジャパンの過去事例やデータが加わることでより具体的なイメージがしやすく、自然災害の備えや減災にも繋がることが期待されます。

保険に必要なこと

保険に加入する際に必要なことは、自分に起こりうるリスクを知ることです。
水災の被害がないところなら水災の保障を考え直す必要がありますし、補償額を高くして生活を圧迫させていてはその他のリスクに備えることが出来ません。まず、必要なのは自分にはどのようなリスクがあるのか知ることです。

THEすまいのハザードマップの活用法

ある調査でハザードマップを確認したことがある人は、調査人数の3割しかいないという結果が出たそうです。つまり7割の人はハザードマップを知らないか、見たことがないということです。

知名度の問題もありますが、現状の地図のみではイメージがしにくいという問題があるように感じます。
今回発表された新たなハザードマップで具体的に自分に必要な備えを知り、それに合った保険に加入できれば、より安心した暮らしを送れます。
ぜひ活用して欲しいです。

-損害保険

Copyright© 保険カフェギャラリー , 2018 AllRights Reserved.