日本生命が保育・子育て事業に参入!保育園不足の課題にチャレンジするその詳細とは

日本生命保険会社が、待機児童の解消へ向けて子育て事業に参入しました。 保育園と言えば、数年前に「保育園落ちた」という子育て主婦のツイートが話題となり、保育園不足が社会問題としてメディアでも取り上げられました。 私も未就学… 続きを読む 日本生命が保育・子育て事業に参入!保育園不足の課題にチャレンジするその詳細とは

どんどん高くなる健康保険の料率。若者の家計へのダメージは増える一方。

「健保組合の保険料率が過去最高を記録した」というニュースがありました。ニュースの概要、家計に与える影響を見てみましょう。 健康保険組合連合会(健保連)は、2019年度の健康保険料率が過去最高の9.218%になったと発表し… 続きを読む どんどん高くなる健康保険の料率。若者の家計へのダメージは増える一方。

人気上昇中の健康増進型保険には入った方がいいの? FPがメリットとデメリットを分析!

明治安田生命が2019年4月に健康増進型の保険を販売するというニュースがありました。 健康増進型保険は2018年頃から様々な生命保険会社が販売を始めた新しい形の保険です。色々な保険会社から販売されると気になるのが「健康増… 続きを読む 人気上昇中の健康増進型保険には入った方がいいの? FPがメリットとデメリットを分析!

個人賠償責任保険が補償拡大!保険見直しの良い機会。

ここ最近、個人賠償責任保険の補償範囲が広がりを見せているというニュースがありました。この個人賠償責任保険、実はかなり優れた保険なのですが、内容を良く知らないという人が意外と多い保険です。 普段の生活で誰でも起こりうる事故… 続きを読む 個人賠償責任保険が補償拡大!保険見直しの良い機会。

軽自動車の自動車保険料にも車種ごとの料率適用へ

2020年1月より、軽自動車の自動車保険料が3段階に分けられる見込みです。 普通自動車や小型自動車は、車種の事故率を元に保険料率を決定しているため、リスクの実態に見合った保険料となっておりましたが、軽自動車は車種に関わら… 続きを読む 軽自動車の自動車保険料にも車種ごとの料率適用へ

iDecoの加入者増加!老後資金はどう用意するべきか?

iDecoの加入者が増加し、100万人を突破する見込みとのニュースがありました(ニュースを先に読みたい方はこちら)。 背景には年金不信の広がりがあり、私たちは老後資金をどのように確保するべきなのかきちんと考える時期に来て… 続きを読む iDecoの加入者増加!老後資金はどう用意するべきか?

あいおいニッセイ同和損保から民泊事業者向け保険が発売!民泊事業を解説

あいおいニッセイ同和損害保険から民泊事業者向けの保険が販売されるというニュースがありました。広がりを見せる民泊事業について解説します。 民泊の現状と、多発しているトラブル 民泊ビジネスはここ数年で広がりを始めました。 そ… 続きを読む あいおいニッセイ同和損保から民泊事業者向け保険が発売!民泊事業を解説

世田谷区の自転車事故保険、在勤・在学者も対象へ

世田谷区が、区民や在勤・在学者を対象とした「区民交通傷害保険」を始めました。 同様の保険は都内10区で取り扱っていますが、在学者まで対象とするのは世田谷区が初となります。 交通事故件数が都内最悪の世田谷区では改革が必要と… 続きを読む 世田谷区の自転車事故保険、在勤・在学者も対象へ

自然災害に負けない!必要なリスクに備えるために使いたい「THEすまいのハザードマップ」

損保ジャパン日本興亜が新しいサービスを開発したというニュースですが、みなさんはハザードマップというのはご存知でしたか。実は公的な機関からハザードマップというのが発表されています。 ハザードマップは、誰もが確認して欲しいも… 続きを読む 自然災害に負けない!必要なリスクに備えるために使いたい「THEすまいのハザードマップ」

人工知能を活用した保険の加入・見直し提案の仕組みが進行中

日本生命保険が、人工知能(AI)を活用して保険の加入や見直しの費用な顧客を抽出するシステム導入の検討をしています。 3月から実証実験に入る予定で、約5万人の営業職員に情報を伝えてコンサルティング力の底上げを図り、業務の効… 続きを読む 人工知能を活用した保険の加入・見直し提案の仕組みが進行中